2013-04-12 18:53 | カテゴリ:think about
服を見て、買って、着て、ぐらいしか胸を張って『趣味』ですと言える事のない小さな僕と違って、愛妻は実に多趣味で様々な分野において触手が伸びるタイプ。
服はもちろんのこと、音楽、食べ物、雑貨、インテリアと、その好奇心と探求心たるや凄まじいものがある。

気付かぬ間に自分を取り巻く環境のあちこちに見知らぬものが少しずつ増えていて、その配置もこれまた絶妙に少しずつ日々変わっていく。
その少しずつの変化が積み重なり、いつしかこんもりとつもり積もった状態になって、ようやく僕がその環境に触れた時の悲惨さたるやもう情けない&虚しい限りで、そこには身近なはずなのに全く知らない異世界が広がっているのである。

知らないのではなく知ろうとしない、解らないのではなく解ろうとしない、理解できないのではなく理解しようとしない。
『現状のままでいい』のは、ただ自分を守りたい幼稚な甘えに過ぎない事を身をもって思い知った。

興味がないことにも、面倒くさがらずとりあえず一歩踏み出してみよう。
それが愛妻の笑顔に繋がれば、俺は間違いなく幸せなのだから。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://heavyandtough.blog.fc2.com/tb.php/208-df9045b0