2012-02-27 21:38 | カテゴリ:about clothing
国歌が嫌で嫌で仕方なくて、もう我慢できないあまり唄う事はおろか起立もしない先生達の話題。
もはやこの季節の風物詩になりつつありますね。

お国にお金をもらっといてお国に敬意を払えない。条例も守らない。
まったく、おかしな先生が増えたもんだなー。
肝心の主役の話題より目立ってどーすんだ。
情けないったらありゃしない。




JELADOのワークパンツ。
ウォバッシュストライプ柄の生地が極端にフォーカスされ始めた、四年ほど前にリリースされたものです。



画像ではまだまだ色濃く見えますが、ワークパンツの名の通りリアルにワークウエアとして着用しているので、実際は随分やれてきてます。



アップにするとこんな感じ。
ウォバッシュのような抜染ではなく折り込みのストライプなので、穿き込んでもなかなかコントラストが損なわれません。
これは好き嫌いが分かれるところですね。



絞って穿くと結構シルエットが崩れるパターンのようなので、実用的でないならいらないやってことでバックシンチは切断しちゃいました。
これはこれで将来的にはアジかなと。



モロにHerculesなブランドタグのデザイン( 〃▽〃)



0番綿糸縫製が売りだったあの頃が懐かしい、、、、。
スポンサーサイト